ホーム > むち打ち症の専門病院はどこ?

医療機関、治療院の種類

むち打ち症はどこで診てもらえば良いの? 病院

  交通事故に遭った場合、まずは救急車などで最寄りの病院に搬送されます。
 ではその結果、「頚椎捻挫(むち打ち)」と診断された場合、今後はどの医療機関に
 通えば良いのでしょうか?

  実際、医療機関や治療院は多種多様で、数え切れないほど存在します。
 そんな数ある機関の中から、むち打ち症の治療に最適な所を選ぶために、
 ここでは各機関の大まかな違いを解説したいと思います。

治療機関を選ぶ3つのチェックポイント

国家資格を保有する所か?

国家資格者 民間資格者
・医師(外科、整形外科など)
・柔道整復師(接骨院、整骨院)
・鍼灸師
・整体師
・カイロプラクティック師
・気功

 「整形外科(外科)」「接骨院(整骨院)」「鍼灸院」は、国の定めたカリキュラムの学校を卒業し、国家試験に合格した
「国家資格者」が治療や施術を行います。いわば、国のお墨付きを持った機関です。
 一方で、カイロプラクティックや整体等は、民間資格であるため、基準がバラバラでそれぞれの試験に合格すれば
誰でも開業できます。そのため保険も適用されません。

病院(整形外科)と接骨院は、どちらに行けば良いのか


病院と接骨院は互いに国家資格を持っていますが、それぞれ得意・不得意といった特徴を有しています。
主な特徴としては下記のようになります。

病院(外科・整形外科) 接骨院(整骨院)
■レントゲンで骨折の有無を検査できる(むち打ちなどの軟部組織の損傷はレントゲンに映りません)
■MRIで椎間板や軟部組織などの異常を検査できる
■一般的には、怪我をした部分のみの治療となる
■一般的には、牽引や温熱、電気治療等の物理療法がメインとなる

⇒事故直後の画像診断、及び怪我の経過確認やリハビリなどでの通院がおすすめ。保険適応。
■レントゲン※やMRI※による診断はできない
■急性外傷である捻挫の専門家(むち打ち症=頚椎捻挫)
■患部だけでなく、全身の筋肉や関節を診ながら施術を行う
■日々の身体の状態に応じて、電気や手技、特別施術などをオーダーメイドで施術する

⇒むち打ち症の自覚症状が現れてから、できるだけ早くの通院がおすすめ。病院との併用通院も可能。保険適応。


※レントゲン:主に骨の異常を検査する装置。
 事故による強い衝撃で頚椎にヒビが入っていたり、骨折していたりしていないかを確認をします。

※MRI:主に椎間板や軟部組織などの異常を検査する装置。
 後遺障害の認定などの資料とされることが多いですが、MRIで異常がなくても、本当に異常なしとは断定できません。



上記を読んであなたは、「なんだ!接骨院なら近所にもある!」と思われたかもしれません。
でもちょっと待って下さい。近所の接骨院さんは、本当に交通事故治療に強い治療院ですか?
私たちが考える、交通事故治療に強い接骨院さんとは以下の5つを兼ね備えたところです。

① むち打ち症などの治療実績が豊富
② 経過や症状に合わせたオーダーメイド治療を行っている
③ 様々な事故のケースを経験している
④ 体のケアだけでなく、心のケアも行っている
⑤ 保険や事故の手続きに関する情報にも詳しい

現在、接骨院だけでも全国に34,839件(2008年時点)存在しています。
中には、資格を取り立てで経験や技術が未熟であったり、電気を当てるだけの画一的な治療しかしなかったり、保険や事故の手続きに関してはほとんど把握していなかったり、といった所も数多く存在します。

ですので、患者様ご自身で十分吟味し、是非ともお近くの交通事故治療に強い接骨院へ、お早めにご相談して下さい。

当センターの治療法

交通事故後の経過や症状に応じた オーダーメイド治療

手技・マッサージ

手技・マッサージ

 

総合電流刺激装置(ES-520)

総合電流刺激装置(ES-520)

 

はり治療

針治療

 

ウォーターベッド

ウォーターベッド

 

グラデーション足温浴器・肩温浴器『眠り姫』

グラデーション足温浴器・肩温浴器『眠り姫』

 

グラデーション足温浴器・腰温浴器『眠り姫』

グラデーション足温浴器・腰温浴器『眠り姫』

 

牽引器

牽引器

 

浮腰式腰痛治療器(プロテック)

浮腰式腰痛治療器(プロテック)

 

干渉波(中周波)治療器

干渉波(中周波)治療器

 

超短波治療器

超短波治療器