ホーム > 加害者の方へ

治療費について

加害者の方でも治療費の窓口負担が0円になる場合があります。 治療費について

自損事故を除く交通事故には、被害者と加害者がつきものです。つまり、人身事故の約1/3の方が加害者に該当することになります。
そのような中で実際には、加害者自身や搭乗者が多大な傷害を被るケースも多々見受けられます。さらに、加害者となってしまったために罪の意識に苛まれたり、多大な損害額や煩雑な手続きに翻弄されてしまい、ご自身の怪我を二の次にしてしまいがちです。また、もしご自身の治療に目が向いたとしても、自賠責保険が適用されず(過失割合分)、治療費が高額になってしまう、という理由により、治療を受けずに我慢されてしまっている方も多いのが実情です。

しかし、交通事故よる衝撃は通常の怪我とは比べ物にならないほど、全身へダメージを与えます。後日症状が悪化し、一生涯不便な生活を強いるようになってしまう危険性もあるのです。ですから、早め早めの専門家による診断と治療を強くおすすめいたします。

そして、もしあなたが任意保険の人身傷害補償に加入していれば、治療費の窓口負担なく、下記のような救済を得ることができるのです。

任意保険(人身傷害補償)による4つの救済
  • 治療費の窓口負担なし
  • 費用を気にせず、むち打ち症治療用の高度な治療に専念できる
  • 休業損害や後遺症などの慰謝料が入る
  • 保険ランクの格下げ無し

任意保険の補償内容

あなたが加入している自動車保険(任意保険)を もう一度ご確認下さい。 任意保険の補償内容
自動車の任意保険は、主に上記のように、人・物といった対象や、自分・相手といった立場によって補償されています。
この中で、加害者の立場でご自身の怪我に利用できる補償は、「人身傷害」と呼ばれる保険になります。

人身傷害とは、被保険者が契約中の自動車または他の自動車に乗車中や歩行中などの、自動車事故などによって死亡したり、身体に後遺障害または傷害を被ったりした場合に、各保険会社が定めた算定基準にもとづいて保険金が支払われる保険です。
人身傷害の補償範囲 支払対象となる損害
・契約中の自動車に搭乗している方
-ご契約の自動車搭乗中の事故への補償

・本人及び家族の方
 -他の自動車搭乗中の事故への補償
 -歩行中の自動車事故及び自転車など運転中の自動車事故への補償
・治療費などの実費
・逸失利益(働けない間の収入「休業損害」など)
・精神的損害
・将来の介護料

※実際の補償範囲や、支払対象となる損害項目は、各保険会社及びご契約中のプラン・特約によって変わりますので、ご注意ください。詳細は各保険会社の約款をご参照頂くか、ご持参の上、当院までご相談下さい。