ホーム > むち打ち症とは

むち打ち症とは

むち打ち症=頚椎捻挫(けいつい捻挫) むち打ち症=頚椎捻挫(けいつい捻挫)

むち打ち症は、頚椎捻挫(けいついねんざ)と呼ばれる首のケガの総称です。頚椎捻挫とは、首に衝撃が加わったことによる頚部の捻挫で、筋肉や靭帯などが伸びている、または断裂している状態を指します。

事故の衝撃の大きさによっては、首の筋肉や靭帯だけでなく、脳の指令を司る神経も損傷を受けてしまう場合があるため、十分注意が必要です。

むち打ち症の場合、交通事故にあったその日はあまり症状が出ず、2~3日後に様々な症状が出てくることが多い為、事故当日、もし自覚症状がみられなくても必ず医療機関を受診しましょう。

むち打ち症の種類

頚椎捻挫型(けいついねんざがた)
むち打ち症の約7~8割がこの頚椎捻挫型で、首周りの筋肉やじん帯、軟部組織を損傷していることが多いです。
主な症状
  • 首を動かした時の痛み
  • 首・背中のコリ
  • めまい
  • 首や方が動きにくい
  • 頭痛
神経根症状型(しんけいこんしょうじょうがた)
背骨の神経が、事故の衝撃による首のしなりで、大きく引き伸ばされたことで発症します。首を横に曲げたり、咳やくしゃみをしたり、首や肩を一定方向に引っ張ったりしたときに痛みが強まる傾向があります。
主な症状
  • 首の痛み
  • だるさ
  • 後頭部の痛み
  • 腕・手・足のしびれや痛み
  • 筋力の低下
  • 顔面痛
バレー・リュー症状型
後頚部交感神経が刺激されて発症します。この神経は内臓の働きを司るため、めまいや耳鳴りを始めとした、様々な症状が発現します。
主な症状
  • 後頭部や首の痛み
  • 難聴、耳鳴り
  • 目のかすみ、眼精疲労 
  • 記憶や集中力の低下
  • めまい
  • 吐き気
  • 全身の倦怠感
  • 声のかすれ
脊髄症状型(せきずいしょうじょうがた)
下肢に伸びている神経が損傷されたり、頚椎の脊髄が傷ついたりすることで発症します。知覚異常や下肢のしびれ、さらに膀胱直腸障害なども発症する場合があります。
主な症状
  • 下肢のしびれ
  • 歩行障害
  • 知覚異常
  • 尿や便が出にくい
脳脊髄液減少症(のうせきずいえきげんしょうしょう)
髄液が慢性的に漏れてしまうことにより発症します。初期には頭痛が起き、天候や気圧の変化に左右されるのが特徴的ですが、症状は極めて多彩です。
主な症状
  • 頭・首・手足などの痛み
  • 血圧障害
  • 記憶力の低下
  • うつ
  • 聴力・視力・味覚の障害
  • 胃腸障害
  • 不眠

むち打ち症が原因で発症する、その他の症状

むち打ち症が原因で発症する、その他の症状